治病大小権実違目 






2018年01月08日(Mon)
治病大小権実違目 
三因仏性の要約をお書きいたしました。

皆様の人体を「法・報・応」の三身如来と申しますの

物質の一部であります人間の、「貴方」の、脳と身体すべてを、統括管理していたしております「法」

と、その「報」に「応」じた身体を持ち備えた貴方自身ですの、


「法」とは真理ですの、万物全ての真理を申しますの、どれほど優秀な大天才でもこの真理は

つかめませんの、それはこの宇宙・天文を創り上げます、その絶対真理ですの、つまり


森羅万象・万物の法則のことで、地球上の生物で申しますと決定された既存の万物の法則ですの、




仮に私共が、何かしらこれに触れ、そして気を取られ、理解しようといたします結果が、その時代、時代の大天才を生みましたの、

中国の司馬遷は、前漢の歴史家として史記を残しました、立ち会った、歴史の事実を後世に伝えるためにですの、勿論、善悪の規範を

問うためにですの、これは薩摩の「島津」によって、現在の日本の規範となりました、

アリストテレス・キリスト・マホメット・レオナルドダビンチからルネッサンスに続く真理の探究は人間本意に繰り返されますの、

釈迦は苦行の末、瀕死の状態でした、女性から与えられた乳粥によって、生気を戻します、天を仰ぎ見るのです、


「草も木も人間も自然の一部、自然とはこの法とは」


釈迦は、人心を超えた時点で、初めて、覚醒したのです、つまり「我が命をお返しいたします」「我が身体を創り上げた 


自然に、一つ一つの物質・妙法蓮華経」に
ですの、菩提樹下で、この言葉の意味「南無妙法蓮華経」と唱えてで悟りを開きました。


貴方に帰命いたします、私を創り上げた法体・妙法蓮華経に、そう一念をを決めて唱えたのです、


この時一瞬で悟ったのです、南無妙法蓮華経と唱えて総てが解けたのです、人間志向への依存を断ち切った時点で真理が顕われたのです、



策や方法は人間の自己保身のエゴですの、私を創り上げた法に命をを返す、この法に真実を教えてもらうこと、


この修行を説きました、恥も外聞もございませんの、


強敵がいたならその御相手を誹謗正法(相手を誹謗せずに、憎まず、恨まずに、)せずに、南無妙法蓮華経と唱えることを

教えたのです、貴方の全素粒子が貴方の一念にこたえて解決へ導くのです、ローマ法王に数珠を届けたイタリアSGIの、婦人の

ようにですの、

 
 例えば、ミニクーパーこの愛すべき車体が、貴方の身体ですの、最新のコンピューター(脳)を搭載いたしておりますの、

別名を「妙法蓮華経」と申します。今の皆様のことですの、


「運転席に、おりますのは、どなたでしょうか」、皆様お解りでしょうか



 この一念が貴方のすべてを変えてゆきますの、これが向上心と申します、常に前を向き今起きている事実に向き合いながら

題目を唱えますの、貴方の素粒子が貴方の実存の歴史を全素粒子の中に、取り込んでいきますの、必ず「法」と一体ならば叶いますの。


お解りですか皆様



結句は勝負を決せざらん外は此の災難止み難かるべし

       

 治病大小権実違目    弘安五年 六月二十六日 


       日 蓮 花 押(六十一歳・御作)


 結局は勝負(謗法の罪、を知り、消滅して)を決めなければ、自の災難は止まりません


 釈迦の確約・提言は皆様がお考えのように、その方法ではございませんの、自らの生命に願う一念に

真実を生み出す手段を申しますの、どうにもならなくなった彼自身の絶望の中から「それでも」

と申します一念から見つけた方法を残しましたの、






















   


h114yyyの自由文言1


新着トラックバック/コメント

h114yyyの自由文言2

カレンダ
2018年1月
 
8
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ
2011年 (27)
8月 (2)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (3)
12月 (3)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (6)
2013年 (21)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (4)
2014年 (16)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (4)
7月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (4)
11月 (1)
2015年 (16)
1月 (4)
6月 (2)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (30)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (4)
10月 (3)
2017年 (9)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (2)
2018年 (2)
1月 (2)

アクセスカウンタ
今日:903
昨日:1,064
累計:338,180